社会保険労務士のどんな試験?

まず、社会保険労務士はどのような試験なのか、
イメージを掴むために試験概要を紹介していきます。

他のサイトや公式サイトで社会保険労務士の試験概要が掲載されていますが、
まとまりがなく見にくいと感じたので、最低限必要な情報だけに絞りっております。
是非、参考にして下さい。

■受験資格
・大学卒業者、又は大学において62単位以上を修得済みの者
・短期大学、高等専門学校を卒業した者
・修業年限が2年以上、かつ総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
・行政書士や司法書士などの定められた資格を有する者
・労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の常勤役員または従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者など
※上記の他にも様々な受験資格があります。詳しくは下記を参照して下さい。
社会保険労務士試験オフィシャルサイト

■試験日
8月の第4日曜日

■試験時間
・午前:80分
・午後:210分

■受験地
全国33箇所

■試験科目
・労働基準法及び労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・労働保険の保険料の徴収等に関する法律
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

■試験方式
完全マークシート方式

■合格基準
・選択式試験の総得点が25点以上あり、かつ各科目で3点以上であること。
・択一式試験の総得点が44点以上あり、かつ各科目4点以上であること。
(但し科目によって毎年合格点が異なり)

■受験料
9,000円

■申し込み方法・申込み期限
下記から参照して下さい。
社会保険労務士試験オフィシャルサイト