企業内社会保険労務士になる

このサイトでは、社会保険労務士として独立開業する場合についてお話していますが、
社会保険労務士は独立しなくても各企業に就職するケースもあります。

それが企業内社会保険労務士です。

企業内社会保険労務士は、各企業の総務や人事で、各種保険関係の手続きや就業規則の作成などを行ってきます。
その他にも経営者からの労務管理の相談、労働者から仕事についての悩みや休暇などについて相談を受けたりします。
このような仕事は、独立開業した場合とほとんど同じで、企業に就職するか、
独立開業するかの働き方の違いだけです。

また、企業に就職する場合でも、社会保険労務士登録しなければ、

社会保険労務士と名乗る事は出来ません。

社会保険労務士は就職するという点でもう一つの働き方があります。

それは、社会保険労務士事務所で働くケースです。

各企業に就職した場合、その企業の仕事だけをしますが、

社会保険労務士事務所に就職した場合、各企業の労務管理を請け負います。

仕事内容は、企業内社会保険労務士と同じですが、様々な企業の労務管理を経験できるので、
スキルアップはしやすいと思います。
ですので、将来独立開業を目指すなら、社会保険労務士事務所に就職する方が、

仕事の上でも、人脈を作ると言う意味でも良いかも知れません。

しかし、これは企業内社会保険労務士にも言えることですが、
年収という意味では、独立開業した場合に比べかなり劣ると思います

金額はその企業や事務所によってまちまちですが、
通常の会社員と同じか、
もしくは個人でやっているような社会保険労務士事務所なら、

平均的な会社員の年収より低い事もあります。

やはり社会保険労務士は独立開業型の資格で、最終的にはそこを目指してほしいと思います。
各企業に就職するのは、あくまでも経験を積むという意味で、
そこをゴールにしてしまったら、少しもったいないような気がします。